読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキマ寮@石橋2017年度 新寮生募集!!

大阪大学のふもと、石橋にスキマ寮を作りました。定住者だけでなく、誰でも使えるシェアハウスです。 いつでも来て、寝たり食べたり飲んだり話したりしてください。イベントや読書会あるいは、秘密結社の儀式など、なんにでもお貸しできます。興味がある方はいまそこでただちにお問い合わせください。(お茶しよっか。)連絡をもらえれば、誰にでも鍵のありかをお教えします。勝手に入っちゃってください。ishibashisharenokai@gmail.comまで連絡を!〒563-0032 大阪府池田市石橋1-21-10

なんでシェアハウス作ったか?―ウイング君編― 小峰

こんばんは、小峰です。さっきまで同居人であるウイング君とぺらぺらしゃべっていました。ウイング君は1日8時間もアルバイトするそうですよ。たいへんで す。バイト雑誌のスローガン、「その経験は味方になる」って絶対に、「だから、給料安くても働け」って意味ですよねー。こわいこわい。

 

 前回のおさらい:小峰くんはシェアハウスをやることになりました。シェアハウスをする意味は非正規労働者の貧困をなんとかするために共同体を作る必要があるからでした。でも、共同体ってそれぞれに色合いがありますよねー。だから、小峰の作ろうとするある人にとっては居心地のいい共同体でも、他の人にとっては居心地の悪い共同体になると思います。だから……

 

「シェアハウスはいっぱい作らないといけないってことやな」

そうですね、いろいろな類型(タイプ)のシェアハウスがあるのがいいです。ひとつしかシェアハウスがないと、その共同体と肌が合わなくて居づらい人が行くところがなくなっちゃいますからねー

「でも、その類型って何で決まるんや?」

やっぱり呼びかけ人やリーダーみたいな中心っぽい人たちの性格じゃないですかね?

「やっぱりそうかなあ」

共同体にも空気というか雰囲気というか、そんなものがありますからねえ

「まあ、空気とか雰囲気みたいなのを作る人はいるわな。それがどんな人物かはともかく」

そうですね、とりあえず、半開きハウスの最初の定住者四人は漫画や小説、文学系が好きな人が多いです。……ヲタクばっかやで。

「おい?!共同生活はじまったばかりやのに、そんな失礼なこと言ってええんか?!」

仕方ないですよ。そもそも呼びかけ人の僕が阪大の文芸サークルに入ってましたからね

「そうなんか。でも、なんか、それやったら、わて居づらいやないか……」

じゃあ、自分でシェアハウスを作りましょう!居づらいなと思ったら、新たな共同体を作る機会ですよ!

「でもさあ、難しいやろ。そういうの作るのって」

さあ、僕もやりはじめなんでわかりませんねえ

「頼りないなー」

でも、大学の中でアジールというバーというか、お酒を持ち寄ったパーティーをやっていたのですが、割と人は来ましたよ。みんな知り合いになって、ゆるやかなつながりができました。

「半開きハウスは、そういうのの延長線ってことか」

そういうことです。呑み込みが早い。えらい、えらい

「やかましい。で、次はどうやってやる予定」

とりあえず、家の一部を開放しますよ。週1回金曜日にパーティーするとか。

「週1でパーティー?!」

そうですよ。

「意識高い系か。Facebook上でだけ無駄にキラキラしてる奴らか」

いやいや、こういう風にパーティーをするというのは共同体を作るにあたって、とても大切なことですよ。フランスに留学していた知人から聞いたのですが、フランスに来ていたムスリムは毎週金曜日、みんなでご飯会をやっていたそうです。そこで一緒にご飯を食べて、いろいろな人と知り合いになるんですって。

「それも、ムスリムの意識高い系ちゃうんか。キラキラムスリムちゃうんか」

ちょっとわかりませんねー。

「どうせキラキラやろ。キラキラムスリム・オン・ザ・フェースブックやろ。キラムス

やろ」

ねえ

「なに?」

キラキラしてるとかどうでもいいでしょ

「……ご、ごめん」

まあ、新しいシェアハウスやるとか共同体つくるってなったら、僕はお手伝いしますから、気軽にお話しください。連絡はishibashisharenokai@gmail.comまで!

「でもさ、なんでパーティーとかする必要あるん?一定の人数が集まったら、それで仲良くやってたらいいやん」

うーん、まあ、それもいいんですけど、おもしろくないですよねー

「そうか?」

共同体をつくるにあたって、人の流れは大事だと思います。人の流れがないと、なんか物足りないですよ

「いやいや、いろんな人が出入りするってことやろ?嫌いな奴も来るやん」

まあ、それはね

「じゃあ、どうするん?嫌いな奴も入れるん」

はい。

「えー」

だって、あなたが嫌いでも他の人は好きかもしれないでしょ

「まあね」

みんなから嫌われる人というのは、まずいないと思います。

たとえ、共同体のひとたちがみんな「あの人はいやだ」といったとしても、

まあ、それはノリとか空気とか雰囲気に乗せられただけであって、

みんながある人を嫌うというのは考えられないと思います。

「いや、確率は低いにしても、あるかもしれへんやん」

う、うん

「ほら。それでも嫌いな人を追い出さへんの?」

そうですね、なんかそういうのは違うと思うんですよねー

「なんで?」

なんでも。

「なんでもってなんやねん」

なんでも!

「園児か」

一緒に考えてくださいよ。

「いやいや、俺は追い出した方がいいって言ってんねんで?」

でも、こっち側に立ってみてさ。僕が質問しますね。

「え?」

じゃあ、考えてみましょう。

「いやいや」

まず、僕とお前さんがシェアハウスにいるとします。

「お前さんって……」

すると、そこに僕とお前さんが嫌いな人が来た。どう対応しますか?

「無視るな」

いじめですね

「まあ、そやな」

ダメじゃないですか。

「まあな」

なんでダメなんですか?

「知らんがな」

考えてください

「いじめはよくないって言われてるからな」

なんでよくないんですか

「だから、その、その人が傷つくからやろ」

でも、そんなこと知ったこっちゃないじゃないですか

「せやな」

んじゃ、追い出しましょうか。

「いや、ちょっと待て」

いや、追い出すべきでしょ

「そんなことない!」

なんでや?!

「なんでも」

おら、なめとんのか。

「え、いや」

園児か、てめえは園児か。

「い、いや、園児では……」

なめとったらいてこますぞ。

「い、いてこま?」

いてこますぞ、言うとんのや!

「は、はい!」

理由を言わんかい!理由を!

「それは、それは……そいつを苦しめると俺が苦しむからです」

は?

「うん、せやな。だって、ほら、考えてみいや。俺らが嫌いな奴を追い出すってことは、もし俺がお前らから嫌われたら追い出されるってことやで」

うん。

「そんなんいややろ?」

いやです。

「いじめ止められへんのも、これに近いのが原因のことあるよな。いじめ止めたら、自分が狙われるって」

そうですね。

「いじめは自分にとっても害やねんな。だって、他人をいじめてるってことは、逆にいうと、他人からいじめられてもしゃーないってことやもんな」

まあ、そういう雰囲気が蔓延すると、共同体も悪い感じになっちゃうかもしれないですね。一見、仲いい者同士で幸せにやっているように見えても

「せやな。だって、ちょっとした機会に「あいつのこと俺、嫌いなんだけど」「綿もしも」みたいな空気出来上がると、そこから追い出されるってみんなうすうすわかってるもんな」

でも、もう、みんないい大人だし、そんなことはないでしょ

「でもさ、ちょっとした拍子に罪を犯すことはあるやん」

たとえば

「たとえば……盗みとかセクハラとか」

まあね

「小さい罪とは言わないけど、そんな罪でも魔がさした結果起こる罪でも、みんなから嫌われたら追い出されるなんて最悪や」

うん

「そもそも、ここは疎外感を抱くひとのための居場所になるってとこちゃうかったんか?」

そうですね。それはそうです。でも、ある人が追い出すという罰が、罪を他の人が犯さないようにする抑止力になることはありますよね。見せしめというか。

「まあ、そうやけど、追い出すことまではしなくていいやろ」

でも、その人がいると来れない人が居るかもしれませんよ。セクハラされた人とかはきたがらないでしょうね。

「せやな」

どうするんですか?

「がんばって他の奴らでそのセクハラさんを更生させるしかないやろうな」

その間に人が来なくなっちゃいますよ。多くの人はセクハラを嫌がりますからね。

「それは仕方ないよ」

えー

「つぶれたら、また新しいやり方を考えればいいことやし」

それでも、相手はセクハラ野郎なんですよ

「うん、でも……俺もいつ罪を犯すかわからへんからなー」

え?!

「だって、そうやろ。痴漢とかって、めっちゃ普通の人が一瞬の気のゆるみでやるやんか。あれって、俺も痴漢せえへんって保証はないと思うねん」

まあ、確かに。

「やっぱ、人って誰もやりたくて罪を犯すわけじゃないからさ。そういう観点から人に接するのも重要ちゃう?」

うん、でも、セクハラしたら罰は受けるべきでしょ

「うーん、罰なー」

いくら、その人が社会的に追い詰められた末にセクハラしても、やっぱりセクハラはセクハラなんだから。

「そうやけど、その罰の度合いによるよな」

え?

「だからさ、これは責任って何っていう問題なわけよ」

はあ……

「ある人が盗みかセクハラかなんか知らんけど、人を傷つけてしまう。その傷つけた責任はその人にあるわけ。だから、その人が罰を受けるわけ」

傷つけた人が罰を受ける、それはそうですね。

「でも、罰って何のためにするん?」

いや、そりゃ……制裁ってやつでしょ。けじめとか。

「それでほんまにいいんか?」

さっきもいいましたが、ある人が罰を受けたら、それを見てた人は「次は同じようなことはしないでおこう」と思うでしょうね。犯罪防止の抑止力になります。

「でも、その罰として、共同体からその人を追い出してしまうと、「この共同体は罪を犯した人を追い出すようなところだ」とみんな考えるよな」

まあね。でも、そりゃ、よっぽどのことじゃなきゃ追い出しませんよ

「せやけどさ、追い出すには追い出すやん。」

そうですけど……まどろっこしいな、何が言いたいんですか?

「つまりよ、人間って人間を裁けないんよね」

は?

「神様でさえ、人を裁くには、その人の死後までお待ちになる、ってことよ」

そりゃ、そうだけど、罪を見逃すことはできないでしょ。

「まあな。だから、ある人が悪いことして、俺たちがその人に罰を下すときはせめて、その罰をその人のためになるような形にしたいと思うわけよ」

は?

「つまり、何かを盗んだ人への罰は、その人がもう盗まないようにするための罰じゃなきゃいけないわけ」

罰は罪を償うためじゃなくて、その人が次、同じことを繰り返さないようにするためにあるってことですか。

「せやな」

ほうほう、なんだか学校みたいですね。

「そう!学校!学校は16歳の生徒がタバコを吸っていても、すぐに警察を呼ぶとはならへんよな。つまり、共同体から追い出そうということにはならない」

らしいですね。

「俺たちもそれと同じような形なのがええんとちゃうかと思うんや」

罪を犯した人は、追い出さずに、教育すべきってことですか。

「まあ、教育というと固いけど、広い意味ではそうやな」

僕たちはみな互いに教育者じゃないといけないんですね。

「そうそう。ていうか、うまくいった共同体では自然とそうなると思うねん」

まあ、それでうまくいけばいいですけど

「どういうことや?」

自分の胸に手を当ててみて、聞いてください。めっちゃ嫌いな奴があなたの好きな人を傷つけた。さあ、許せるか。

「うーん」

博愛的すぎるんですよ

「博愛?」

お前はキリストかって言ってるんですよ

「え?」

つまり、傲慢だと言ってるんです。誰に何をやられても許せると思ってるんですか?片頬を殴られて、もう片頬をさしだすんですか?

「まあ……無理かな」

ほら。夢物語でしょ。

「でも、俺が許せなくても、他の人が許せるかもしれへんやん」

どういうことですか?

「俺があいつは許せへんって思ってても、他の人は「まあいいかな」って思うかもしれへんやん。そこは構成員が互いに協力していかなあかんのちゃうか」

そうですね。まあ、それに、自発的に追い出されるってこともあるでしょう。

「どういうこと?」

その共同体に居づらくなるってことです。

「それはありうるな」

誰も何もしてないし言ってないけど、結果的に追い出すことと同じになってしまう。

「つらい」

これはどうしようもないことです。

「せやな……」

 

〈ウイング君「僕がこの会話にまったく入れないってことも、自然となる追い出しなのかな」

「ウイング君!」ウイング君!

どこにいたの?

〈ウイング君「さっきからいたよ。アルバイト1日8時間してるって話しただろ。バイト雑誌のスローガンに騙されたって話も!」

忘れてた……

〈ウイング君「目の前にいただろ!」

「もしかして……今回ってウイング君編じゃなかった」

ちょっと待って、確認するから

〈ウイング君「いや、題名に書いてあるだろうが、「ウイング君編」って」

……あ、見て、ここ、3月18日のところ

「あちゃー」

〈ウイング君「あちゃーじゃねえよ。ほら、こういうのが問題なんだよ。さっきまでめっちゃいいこと言ってたのに、このざまだよ」

とりあえず、かっこよく表記してあげるから許して

Wing君「アホか」

 

友情出演:長〇原翼